banner_04.gif人気blogランキングへ 1日1クリックお願いします

2006年08月05日

三国志大戦の思い出

世間ではロケテの情報に一喜一憂していますが、
私は夏休みということで家でのほほんとパワプロをしています。
時間的に余裕はできたのですが、
お金に余裕がないということで「1週間に1三国志大戦」のルールを作っています。
予定としては来週の月曜日に出撃して、
そこで覇者になれればいいかなと思っています。



さて、今回は自分の三国志大戦の思い出を思い起こすこととします。
私が三国志大戦を始めたのは去年の11月頃でした。
バージョンアップでVer1.1となった直後でしたかね。
初めて引いたSRが呂蒙ということで麻痺矢流星とか麻痺矢天啓とかで遊んでいました。
ただ、当時は当然として初心者なので、
弓兵で突撃してみたり意味もなく計略をうっていました。
そんなわけでのほほんとしながら5品←→6品をいったりきたりの状況でした。

そういう状況が一変したのは1.12にバージョンアップした時ですね。
呂姫が武力+13とかありえない強化されて西涼の風が吹き荒れましたね。
そのバージョンアップで自分でも城内ディフェンスができたり、
連突やビタ止まりやワイパーなどのテクニックが身に付いてなおかつ
計略の使いどころが理解できたことで目に見えてうまくなっていきました。
で、それらの集大成となったのが「超局地戦! 1.5コスト以下5枚限定戦」の全国大会が開催された時です。
確か、マイデッキがR田豊・UCシバイ・UC劉備・UCチョウコウ・UCソウジンでやっていましたね。
そこで今までの自分ではありえないことに1品や2品の人に楽々勝ったり、
覇王にも勝つ状況になっていました。
最新勝率が85〜90%はいっていたと思います。
最高の玉璽の欠片数が110辺りまでいきましたが、
どっかの覇王との群雄戦(もらえる玉爾が2倍になるやつです)に負けて
玉爾が75になって力尽きました。
中間結果で一時は全国40位までいったんですが惜しいことをしました。
ただ、このことは自信になり今の覇者になれるだけの自分を作ったわけです。



ちなみに、ロケテで西方の乱が弱体化されるらしいですがどうしましょうか。
バトウの代わりに朱治キュンを入れて何か2コスを追加してみるのもいいかなと思っております。
posted by hassi at 17:36| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。