banner_04.gif人気blogランキングへ 1日1クリックお願いします

2006年09月04日

ここは退くぞ

少し野暮用がありますので更新は後ほど・・・
posted by hassi at 21:54| Comment(48) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

突破しろぉーーー!

というわけで、今日はうちのホームで全国大会店舗予選が開かれました。
結果から書きますと・・・



準々決勝敗退orz




重大なミスで逆転されそのまんまグダグダプレイになってしまいました。
とりあえず今日のリプレイをどうぞ。



大会の定員が64人なのですが(これで場所がある程度バレますねw)、
当日集まったのは31人とびくーりの数字。
32人中1人エリア通過で2回に分けたらいいのにこれもSSQか。

最初の抽選で僕が引いたのはR董卓でした。
なおかつ1人欠員が出たみたいでちょうどシードのところに配置されました。
楽々一回戦突破です。
落雷デッキはメタされるときついので、運がよかったかな。

そして、僕の対戦相手が決まる一回戦の試合を見ることができました。
勝ったのは14州の人でR魏延とUC法正を中心とした蜀単6枚デッキ。
デッキ構成は、
R魏延・UC法正・C夏侯月姫・C趙累・C廖化・C孟達
正直、戦いたくなかったですw


落雷デッキだとカモにされる可能性大ですので、
何か対策デッキを考えることにしました。
魏武デッキだとあまりにも芸がないということでオリジナルデッキを考えることに。



槍激を防ぐにはやはり象さん
     ↓
他勢の大攻勢は育成していなかったので、それをサポートする計略を考えてみる
     ↓
象は固い。そうだ回復デッキにしよう(゚∀゚)
     ↓
一時、冬甘言に入隊しますた。

デッキは、
木鹿大王・劉表・朶思大王・皇甫嵩・甘皇后・UC姜維




○試合リプレイ
序盤はワラワラくる可能性が高いので、全体的に少し引き気味に配置。
木鹿大王様が伏兵を踏むと目も当てられないので、朶思大王を踏み役と考えて木鹿大王の真ん前に配置。

・序盤
試合開始後、思った通り端攻め(左)でキタ。
木鹿を引き気味に最前線へは皇甫嵩・UC姜維を送る。
槍激連打しながら朶思大王をC廖化に踏ませる→そのまま法正を踏む最高の形。
相手は蜀軍の大攻勢を早くも叩くが木鹿を中心にあっちの方向へ追いやる。
しかし、法正の挑発で相手側へ引っぱられちょっとピンチに。
こちら連環を叩いて劉表の横弓で何とか攻城阻止。
法正死亡で少しカウンター気味に攻める。檜を壊し帰城する。


・中盤
兵力回復後、木鹿大王を中心に攻め上がる。
回復舞発動で落雷を警戒のため馬鹿先生は引き気味に配置。
しかし、攻め上がりすぎてR魏延の反逆で逆にカウンターをくらう。
ここでは朶思大王を甘皇后側に配置するべきでした。
攻城は阻止できたものの甘皇后を撤退に追いやられる。


・終盤
賊軍か回復舞かで悩みましたが回復舞を選択。
相手ワラワラ攻めてくるが朶思大王を引っぱられちょっとピンチ。
しかし、木鹿のドリブルでなんとか攻城阻止というところで時間切れ。
結局引き分けでしたが、
店舗予選ルールの総武力知力の数字対決でこちらの勝ちw


いや〜。回復デッキは初体験でしたがかなり難しいですね。
というか、大事な店舗予選でやったこともない回復デッキでやるなよと
自分に対してツッコミヽ( ´ー`)ノ


次バージョンではこれを機に回復デッキでもコソコソとプレイしてみようかな。



長くなったので、準々決勝のリプレイはまた明日。
posted by hassi at 22:07| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

俺を斬れる者はいるか!?

『生兵法とはまさにそなたの為にあるものよ』
という言葉をそのまんまYahoo!で検索してみてください。
いの一番にこのブログがヒットします。
自分でやってみてびっくりしましたw



さて、今日は幾分がっつりと三国志大戦をプレイしました。
今日も禁断の降雨落雷デッキで出撃しました。
以前とは少しデッキ構成をチェンジしました。

R于吉 UC木鹿大王 C劉表 Rホウ統 R徐庶 R魏延

いわゆる一つの馬鹿連環降雨落雷デッキです。
総武力20とびっくりの低さ。
一つミスしただけで即負けにつながる緊張感がたまりませんでした。
ただ、このデッキは魏武に対しては超絶メタみたいで、
合計9戦して9戦とも勝利という100%の勝率でした。
誰かの言葉を借りると、
勝ちのビジョンしか見えねぇ。」
それくらい負ける要素がありませんでした。

次バージョンで魏武は弱体化ということで、
もう見なくなるでしょうから立ち回り方は以下省略。
要望があればコソーリと教えますよ



ちなみに、明日9/3はうちのホームで全国大会店舗予選が開催されます。
マイデッキは1・2回戦で降雨落雷デッキを使って、
それ以降勝ち上がることができたら覇者昇格時点でのオリジナルデッキでいこうと思います。
降雨落雷ってメタされたら本当に無理ゲーですからねぇ。
posted by hassi at 22:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

これが我らの戦術よ!

今日は自分で使うことが無理or苦手なデッキについて書こうと思います。
つまり、
こんなデッキ二度と使わねぇ!
ということについてあれこれ書きます。


@暴虐デッキ
SR董卓の暴虐なる覇道を中心に攻城を狙っていくデッキですね。
今バージョンでは蜀涼型がトレンド。
開幕乙も狙えて今バージョンで嵐となりました。

で、ある時、相手にして強いなと感じて自分でも使ってみようと思いました。
SR董卓・R関銀屏・R姜維・R趙雲・C臧覇
どっかで見たようなデッキですけどまぁよしとしましょう。
プレイ開始・・・・・・・・・・・・・・・・・・






正直すまんかった。
自分で扱うのは無理!です。
攻城被ダメージ分を取り返せずにそのまんまグダグタになるパターンにハマってしまいました。
もう二度と使いません。
というか、次バージョンで天国に召されるので関係ありませんね。



A神速デッキ
騎兵中心に編成して、SR張遼の「神速の大号令」で戦場を制圧するデッキ。
制御が難しいですが、完全に使いこなしたときのポテンシャルは計り知れませんね。
飛天デッキを使えるので、神速デッキも使えるだろうという
安易な理由で挑戦してみました。
SR張遼・SR龐徳・UC曹仁・R楽進・SR賈詡
というスタンダードデッキで出撃!・・・・・・・・・・・・・・・・・









ブシュッ!( ´д`)




ザクッ!(´・ω・`)






「ここが潮時か」(つД`)






書いてて鬱になりかけました。申し訳ない。
自分が扱える騎兵の限界は3枚のようですorz


B全突デッキ
ムシャクシャしてやった。今は反省していない。

何はともあれ、西涼R馬超の計略「全軍突撃」を核とするデッキですね。
一つ突撃が入れば大幅に兵力を減らせるので天啓に対しても一気に落とせます。
ただし、全体的に知力が低いので、妨害系・ダメ計に弱いのがたまにキズ。
今月号のアルカディアにあの初志貫徹さんが解説をしているので、
興味がある人は読んでみては。


さて、結果は言うまでもなく、
「こんなデッキ二度と使わねぇw」
posted by hassi at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。